×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

誕生日祝いはバスグッズを

MENU

友人の誕生日祝い

友人の誕生日に、バスグッズがほしいとのリクエストがあったので、仕事帰りに雑貨ショップに立ち寄り選ぶことにした。

 

我が家のベストな洗濯ローテーション」の話をしましたが、今日はお風呂の話になりますね。

 

そのお店は昔からあるのだがチェーン店で、海外にも進出していおり、学生時代からプレゼントを選ぶお店として利用し続けているので、馴染み深い。

 

イベントシーズンはパーティグッズなどが並び、一気に華やかになり、お客さんもぐっと増える。

 

バスグッズもいろいろと揃っており、種類が豊富だ。

 

今回は肌触りが良さそうな淡いグレーのバスタオルに、陶器のソープディッシュ、それに小さなパープルのソープディスペンサーを選んだ。

 

タオルは新しいものは何枚あっても重宝するだろうし、ソープディッシュは彼女の好きなパグのキャラクターが書かれていてなんともおしゃれで、ソープディスペンサーはパープルだが中身が見える程度に透けており、小さくても存在感があったので、セレクトしたのだった。

 

プレゼントを私に行ったのは週末の午後3時をまわったころだった。

 

彼女はお菓子作りが趣味で、ホールケーキなど手際よく作れてしまう。

 

日々いろいろなレシピを試しており、今回は最近のヒットの抹茶のシフォンケーキを、紅茶とともにいただいた。

 

抹茶の香りがとてもよく、甘さが控えめのレシピなので、家族にも好評だそうだ。

部屋のインテリア

彼女の部屋は古いビルを大家さんがリノベーションしたもので、間取りは昔ながら壁の仕切りが多いものの、壁全体は白く塗られ、リビングのテーブル上のペンダントライトを灯して夜ゆっくりと食事をするのが、楽しみなのだそうだ。

 

リビングは北欧風にまとめられていて、ソファに横長のコーヒーテーブルが置いてあり、夜映画を観る時はここでのんびり座って過ごすという。

 

誕生日のプレゼントはざくざくと包装紙を開けて、特にバスタオルは喜んでもらえた。

 

ソープディッシュのパグのイラストもとても気に入ってくれて、早速使うと言ってくれ、ソープディスペンサーはお客様用に使おうと思うと大事にしまっていた。

 

プレゼントを選ぶ時は結構悩むのだが、こうして喜んでもらえるとこちらもとても嬉しくなるので、毎回贈り物選びは楽しい時間である。